忍者ブログ
  • 2018.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/07/16 12:00 】 |
第22回国家試験・お疲れ様でした
今年度の国家試験を受験された皆様、お疲れ様でした。
試験では一部で難しい問題も出されていましたが、3年間という長い時間をしっかりと学習に費やしてきた方々は、おそらく良い結果がでるものと思います。

合格発表日:3月27日
厚生労働省:
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/index.html

近年は今まで一度も出されていなかった箇所からの出題が多くなっていますし、単純な記憶だけでなく理解を必要とする問題も多くなっています。
そのため、来年度以降受験の方は、学校の授業や黒本・過去問での学習に加え、教科書を隅々まで読んで理解を確認し、予期しない箇所からの出題に備えておきましょう。
PR
【2014/03/15 17:23 】 | 学習
国家試験直前
今年も国家試験まであとわずかとなりましたが、学習の進度はいかがでしょうか。
普段からしっかりと進めている方は大丈夫だと思いますが、「やべえ!落ちそう!(T-T);」という場合には、一分一秒を惜しんでラストスパートをかけていきましょう。

さて、個人的には、試験前で、ある程度の基礎学習が終わっている場合には、教科書を流し読みすることをお勧めしています。
これは、今まで出されていなかった部分からの出題に備えることと、記憶している知識が誤っていないかを確認することが大きな目的となります。
簡単に読むだけなら全科目でも数日で終わりますので、余裕がある方は行ってみてはいかがでしょうか。

また、直前には体調の管理にも気をつけ、試験当日には学力・体調とも万全の状態で望めるよう頑張っていきましょう。

【2013/02/08 12:17 】 | 学習
国家試験日程
第20回・国家試験日程
●あん摩マッサージ指圧師:平成24年 2月 25日
●はり師、きゅう師:平成24年 2月 26日
●柔道整復師:平成24年 3月 4日

※日程・試験会場等はあらかじめ専門学校に確認しておきましょう。
※当日は余裕をもって試験会場に到着するようにしましょう。

●参考HP:厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/index.html
【2011/10/18 11:30 】 | 学習
第19回・国家試験日程
皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。
3年生の方は、もうすぐ行われる国家試験に向けてラストスパートをかけていきましょう。

●第19回国家試験の実施日
あん摩マッサージ指圧師:2月26日(土)
はり師・きゅう師:2月27日(日)
柔道整復師:3月6日(日)

●厚生労働省・資格試験案内:
http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/index.html

※受験日、受験会場、持ち物などはあらかじめ学校に確認しておきましょう。
また、当日は余裕を持って会場へ行くようにしましょう。

【2010/12/09 18:39 】 | 学習
六部定位脈診の覚え方

だいぶ肌寒くなってきました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、鍼灸師の試験で出る「六部定位脈診」の覚え方についてです。
黒本の中で「(エヌにアンダーバー)」を二筆書きした順に六臓六腑が並んでます、と書きましたが、時々「意味がよく分かりません」というお問い合わせを頂きますので、再度説明を記載しちゃいます。。

im-rokubu.png

本では文章なのでややわかりにくいかも知れませんが、要するに上の図の通りです。
両手を前に出し、一筆目(1~4)でNを書き、二筆目(5~6)で_を書きます。
この順序通りに六臓六腑が並んでいるので、「」の1文字を覚えさえすればよいのです。
 
六臓(沈):(1)肝 (2)心  (3)脾 (4)肺  (5)腎  (6)心包
六腑(浮):(1)胆 (2)小腸 (3)胃 (4)大腸 (5)膀胱 (6)三焦

このように、図やイメージを活用することにより、覚えやすく忘れにくい記憶とすることができる場合がありますから、自分でも色々と工夫してみてくださいね。
 

【2008/10/06 18:54 】 | 学習
| ホーム |

忍者ブログ [PR]